真田丸-第6話『迷走』あらすじや感想-周辺戦国史解説あり-ネタバレ含む

真田丸第6話の感想(ネタバレ含むので注意)

ただのあらすじと感想を示すだけでは、他サイトさんとあまり変わりないので、

真田丸をよりよく理解し、楽しんでもらえるよう

わたしの知る戦国史ネタを絡めて

お伝えしていきたいと思います。

BACK 真田丸第5話-窮地-感想

感想一覧 真田丸全話感想と視聴率まとめ

ではスタート!

[adsense]

6話の内容の各種背景

本能寺の変直後は各地情勢が非常に不安定になります。

織田の各軍団長(羽柴秀吉、柴田勝家など)は相対する毛利、上杉との戦を

やっている場合ではありません。

またつい最近織田の領土になった信濃(長野)甲斐(山梨)上野(群馬)など

旧武田領は織田信長という魔王・・カリスマを失ったことで、武田の残党、真田のような

小領主の活動が活発化します。

こうした領土を狙い、徳川、北条、上杉など大勢力との関係を中心に真田の物語は進みます。

各勢力のどこに真田がつくのか、つこうとしているのか、裏切るのかをよく把握しながら

物語を見ると、より楽しめると思います。

ちなみにこの中で、一番大勢力なのが北条。

領国支配が安定しているのも北条。

余力があるのも北条です。

上杉は家督争い、柴田勝家との争い、国内の混乱で外征どころではありません。

家康は織田とは同盟者のため、織田家臣、滝川一益がいる間は、織田領に手は

出しにくいでしょう。

北条の動きに注目しながら物語を見ましょう。

第6話あらすじ(感想と小ネタを)はさみながら

苦難と悲しみの逃亡

安土を出て逃げる信繁たち。

途中で明智の兵にみつかってしまいます。

松は途中で信繁たちとはぐれ明智兵に崖ぎわに追い詰められます。

松はそのまま捕まるのをよしとせず崖から海へ身を投げてしまいます。

意気消沈する信繁と小山田至誠。

大名たちみな様子を見る

そして真田郷

昌幸は滝川一益より書状を受け取る。

織田につくか、離れるか。昌幸は悩みます。

信幸は織田にそのまま従い明智を討つべしといいます。

滝川一益に信長の死が伝わり明智を討つよう昌幸は一益を信長を討つよう

煽ります。

が一益はその気はあまりないようです。

織田の武将それぞれが信長の死によって窮地になり、明智を討つのもむずかしくなっているのです。

さて信繁は道中、敗走途中の織田家臣、森長可に遭遇。

長可は信濃の国衆に反乱をおこされ、参っているようですが、

信繫に、『織田を信濃から追い出したら、信濃は3方から攻められる』と警告します。

昌幸は、室賀正武ら小県の国衆を集め、滝川一益に手を貸すことにしたと伝えます。

しかし意見がコロコロ変わる昌幸に、室賀が反発します。

室賀「そういうのを朝令暮改というのだ!」

昌幸「朝令暮改の何が悪い。己の対面のために前の案に固執するのは愚か者じゃ」

だが、国衆たちは、誰も昌幸に賛同しません。

北条氏直は信玄の孫。

元々信玄に仕えていた国衆だちからすれば、新しい主としてふさわしい存在です。

昌幸もしばらく考えたのちに、今回は国衆たちの意見に従う事にしました。

北条家の様子

さて、昌幸は北条の様子を探る用ため、弟の信伊を北条に遣わします。

そして、北条氏政との対面。

信伊は氏政に滝川を攻めないよう依頼する。

北条は、織田とは約定があるので攻め込むわけないと返答。

なんともうさんくさい会見となりましたww
もうすぐに裏切りますよっと言っているような感じでした。

氏政は使者が帰った後、滝川が明智攻めをしたらすぐに攻め込む。

準備をしておけと指示します。

すさまじい小物臭がする氏政様でしたww

徳川家の様子

今度は徳川家康。

まだ家康は伊賀越えの疲れが抜けていない様子。

本多忠勝は1日で疲れが抜けたそうですww

さすが家康に過ぎたるもの、忠勝w

注:本多忠勝

徳川家臣の中でも屈指の豪傑。

武田信玄が存命の頃、徳川と武田が戦った際、家康が敗走するときがありました。

しんがり(味方を安全に逃がすために敵の足止めをする役。非常に危険)を1人で行い、

傷を一つも追わずに帰還したといいます。

信玄に『家康には過ぎたるもの』と忠勝は褒められます。

忠勝という名前は、『ただ勝つ』と勝利のみを得られるという思いを込めて

家康に与えられたともいいます。本当かはあやしい。

 

そして家康もどうも明智を討つつもりはないようです。

滝川からも北条をおさえてほしいと依頼がきますが、

どうもこれものらりくらりかわすらしいです。

狸どもめww

そしてコメディ感が抜けない徳川家。

この先どうなるのでしょうか?

ちなみに今回の徳川家の出番はこれで終わり。

楽しいので残念だなw

信繁爆ぜろ、きりがんばれ、ばばさまご武運を

信繫は真田郷に戻ってきました。

松を守れなかったことを詫びる信繁。

昌幸たち親子は受け入れているようですが、母・薫は抑えきれないようです・・・

松が出立する前から心配していましたし・・・・

信繫は廊下できりとぶつかります。

なんて学園恋愛系ドラマ?w

松を失ったことをきりは信繁を慰めるつもりでいたのだが、上手くいかない。

信繫は今度は梅のもとへ行きます。

信繁は、梅に心の内をさらけだす。

信繁「ずっと、兄より才があると思っていた。その才で兄を助けていくのが
己の務めだと思っていた。うぬぼれだった。」

信繁「私の才など、いざというとき何も役に立たぬ。私はただの役立たずの次男坊。真田の家にいる意味など何もない。」

梅は自信を失っている信繁に「帰ってきてくださってほっといたしました」と慰めます。

慰めるってこういうことでしょうね。

きり、がんばれww

そして琵琶湖のほとりの漁師の家。

なんと松は生きていました。

ただ何か様子がおかしいようです。

一方、一益に要求された人質はとりが選ばれます。

きりも同行することを命じられます。

きりは信繁に会いにいきますが、信繁は梅とイチャイチャしてます。

爆ぜろ信繁・・・

京都では明智光秀が羽柴秀吉に討たれました。

ずいぶん陽気な秀吉様のようですw

せっかく堺雅人がでてるんだから、秀吉は大和田常務でww

香川照之さんは『利家とまつ』で大河の秀吉役ででていたんですよ。

あのときの秀吉はまさに大和田・・・うさんくさかったです。

自信をとりもどす主人公?真田昌幸

昌幸はいまだどこにつくのか迷っています。

北条か上杉か織田か・・・

信繫はそんな父に日本の真ん中、信濃に生まれたことを誇りに思うと言います。

明智が討たれたことが北条に伝わります。

すぐに北条は上野(群馬)に攻め込みます。

付近で一番の勢力を誇る北条がついに動くのです。

滝川一益は劣勢。方々に援軍を頼みます。

真田のもとにもきますが、昌幸は援軍をださないと言います。

こんどの昌幸は自身満々です。

『みんな信濃が欲しいのだ。信濃は重要な地なのだ。』

『信濃を使って周りの大名どもを操るのよ』

昌幸は家臣達に矢継ぎ早に支持。

一益には上杉の侵攻に備え北に出陣していると嘘をつき断ります。

一益と北条が戦っている間に、奪われた城と人質を取り返そうとします。

『大博打のはじまりじゃあ!!』

第6話感想まとめ

6話は本能寺後、そして光秀が秀吉に討たれたあとの情勢変化が大きなお話でした。

真田家は小勢力の宿命という感じで右往左往していました。

でも正直これは数多の小勢力たちと同じ行動です。

真田昌幸らしからぬ悩みが多かったように見えました。

信繁はまだまだ脇役ですね。

ネタバレしますと、史実では関ヶ原の戦いの頃までは昌幸が真田家の主役です。

信繁が本当に主役になるのは大阪の陣だけです。

15年の幽閉生活もどう描くのか楽しみです。

あとは、徳川家のコメディタッチが相変わらずいい味だしてます。

コメディ風ながら裏では何か考えている、そんな狸ぶりがよくでています。

一方北条は最初から『悪巧みしてます』っていうのが見え見えで小物臭満載ですw

でも6話時点ではかなりの大勢力でから彼らが攻めるというと緊張感がかなり上がります。

今後も北条家の活躍には期待です。

上杉家はいまのところ影が薄いです。もうちょっとがんばってほしいです。

景勝様ははたして笑うのでしょうか?

たぶん笑わないんでしょうね。

注:上杉景勝はほとんど笑わない君主として有名だったそうです。

あとは女性陣の活躍ですが、きりはもうちょっとガンバレ。

梅は露骨に今回アプローチしてきたな。

母・薫は真田家のコメディパートでしたが今回はちと真剣でした。

祖母・とりは武家の女って感じですね。

人質ならもちろんやりますよ。って感じで勇ましい。

松は大丈夫でしょうかね?

 

今度とも真田丸応援していきます。

第6話視聴率

16.9%。前回より2.1%ダウン・・・

最低を更新してしまい、また下落基調へ・・

NEXT 真田丸第7話-奪回-感想

感想一覧 真田丸全話感想と視聴率まとめ

ソーシャル

お知らせ

「当サイト」はamazon.co.jpを宣言しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエト宣言プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

                      

      2016/03/08