真田丸-第4話『挑戦』あらすじや感想-周辺戦国史解説あり-ネタバレ含む

真田丸第4話の感想(ネタバレ含むので注意)

ただのあらすじと感想を示すだけでは、他サイトさんとあまり変わりないので、

真田丸をよりよく理解し、楽しんでもらえるよう

わたしの知る戦国史ネタを絡めて

お伝えしていきたいと思います。

BACK 真田丸第3話-策略-感想

感想一覧 真田丸全話感想と視聴率まとめ

ではスタート!

[adsense]

4話の内容の各種背景

真田家は織田家に服従しようとしているようですが、前回までの通り、

真田家は武田家にまだ属しているとき、積極的に織田家に敵対しています。

ただ戦国時代というのは不思議なもので、大名のような大領主ならともかく、

真田家くらいの小領主をいちいち処刑しているとおそらくその後の統治が

ままならなくなります。

小領主たちはその土地のことをよく知っているし、占領後の統治に必要な

存在でもあります。

とは言っても敵対具合や役に立つか人間かどうかでも処刑されるかされないかは

分かれます。

織田信長は、松永久秀という極悪人のような男に何度も裏切られていますが

何度かは許しています。それは彼が非常に役に立つ男だったからです。

はたして真田昌幸はどうでしょうか。

第4話あらすじ(感想と小ネタを)はさみながら

真田昌幸、徳川家康と初の対面

織田信長に会うために昌幸は信繁を連れて、諏訪の法華寺にやって来ました。

そこには徳川家康も来るそうです。

昌幸は、家康と戦った三方ヶ原の戦いを思い出す。

当時、武田氏に仕えていた昌幸は、武藤喜兵衛という名でした。

昌幸「泣きながら逃げていく家康の顔、しっかり目に焼き付いておる」

あのときの家康の顔、今思い出しても大草原不可避www

って感じでしょうかw

信繁はそんな父を頼もしく感じています。

一方法華寺内には穴山梅雪の姿もありました。

さて、一方の家康。

家臣の本多正信から、真田昌幸が信長に呼ばれて法華寺に

来ていると聞かされます。

家康は真田昌幸という名前に聞き覚えはないが、

しかし「武藤喜兵衛」という名前は覚えていました。

それが同一人物であることも理解しているようです。

このあたりは今後の家康と真田家の因縁を見ていくうえで

非常に重要です。

1572年三方が原の戦いから両者の因縁は始まったようです。

一方、控えの間で信長との対面を待つ昌幸。

信長は降伏してくる相手や初対面の相手をわざと待たせること

が多かったようです。相手の器量を見るためのものだったとも言われています。

信繁は時間を持て余し、せっかくの機会だから織田の備えを見ようと

寺の中を散策。

境内の一角には無数の弓が整然と並んでおり、弓を点検する武将がいました。

弓の備えに感心する信繁。

「さすが天下の織田だ」

実際にはその弓は家康の物で、点検していた武将は本多忠勝でした。

そこに家康が現れた。

さあ、信繁と家康の初対面の場面です。

後々を考えると超重要です。

おそらく最終回あたりの真田丸最大の見せ場の主役2人ですからね。

ここでは互いの弓の備えに関して意見交換をする程度でした。

そこに昌幸が現れます。

まさか目の前にいる男が家康だと思っていなかった信繁は驚くが、

家康はそんな信繁を笑い飛ばします。

ほんとにとぼけた男ですw

家康は昌幸に話しかけます。

それは、三方ヶ原の戦いでの事。

武藤喜兵衛という侍大将に大変手を焼かされたという話でした。

ほんとにとぼけた男ですw

昌幸は、そんな男は知らないとシラを切ります。

こっちも負けず劣らずとぼけた男ですww

昌幸と家康の第1戦は引き分けといったところでしょうか。

そこに、織田家の重臣・明智光秀がやって来ました。

光秀によると、信長は蔵で茶器類を検分している最中とのこと。

って・・・え?これが光秀?

なんか公家貴族みたいな第1印象でした。

真田昌幸VS徳川家康 とぼけた狸同士の舌戦

昌幸は、信長に会う前に信長の嫡男・信忠から2通の書状について詰問を受けます。

一方の書状では織田家に従うというもの。
もう一方では上杉氏に助けを求めているもの。

これはどうしたことか?と。

昌幸は、上杉への書状は助けを求めたものではなく、

服属を迫って来た書状に対する返事だと説明。

ありがたい話だがすぐには決められぬので時間をいただきたいと書いた。

もちろんそれは方便だと答える。

だが信忠は納得しない。

織田につく気ならなぜきっぱりと断らなかったのか?と問い詰める。

それに対し昌幸は、織田につくと上杉に宣言すれば、こうして自分が真田郷を空けている事も知れる。

留守中に上杉に攻め込まれないための布石だと答える。

信忠「上杉を欺こうとしたと申すか」

昌幸「我らのようなか弱き国衆は、そこまで慎重にならねばならぬのです」

たしかに真田のような弱い国衆はつねに大勢力の動きを気にしなければ

なりません。

だが家康は、書状が織田の手に渡るのは計算ずくだったのではないか、

そもそも上杉から誘いなど無かったのではないかと勘繰る。

家康「上杉からも誘いが来るほどの大物と我らに思わせようとしたのでは?」

家康は、ちょうど上杉の家臣・直江兼次が来ているので、確かめてみようと言う。

これは今度は家康のハッタリでしょう。

上杉から使者が来るのであれば、必ず真田の領地付近を通らねば

ならず、当然そうなれば昌幸も知っているはずです。

そして、昌幸は平然とした顔でこれに同意します。

家康「シラを切ったうえで偽りとわかれば許されませぬぞ」

昌幸「偽りであるならば今すぐここで腹を切りましょう。しかし真のことゆえそうもいきませぬ」

・・・・最終的に家康が負けを認めます。

さすが勇名を馳せた武藤喜兵衛だと、昌幸の度胸のよさをほめます。

第2戦は昌幸の勝利のようです。

小山田茂誠窮地?

一方真田の郷。

真田屋敷の裏口から、こそこそと松と梅が出ていきます。

怪しんでくださいと言わんばかりの出方ww

当然目ざとい信幸に見られます。

後をつける信幸。

行先は近くの空き寺。

そしてこれまた、何かありますよと言わんばかりの堀田作兵衛の見張りw

中では小山田茂誠がかくまわれていると信幸は勘付きます。

作兵衛を退け本堂に入る信幸。

すんでのところで茂誠はかくれますが、信幸は詰問します。

こんなところで何をしているのか?

窮地に陥った松を救ったのは、きりでした。

きりは、度々女同士でここに集まり男子禁制の話をしているのだとごまかします。

つまり女子会www

信幸を相手にせず女子会で盛り上がるふりをする3人

きり「近ごろ、かかとがカサカサになっちゃて、見てくださいよ。」

松「あら、それはね、潤いが足りないのよ」

梅「淋しさが募ると、荒れるって言いますよ」

ちょwwまさに女子の会話ww

毒気を抜かれた信幸は、ここは引きます。

信幸兄さんマジ苦労人・・・・

魔王と対面

さてふたたび昌幸。

ついに織田信長との対面です。

重苦しいBGMとともに場の雰囲気が圧倒的質量を持ちます。

 

ゴゴゴゴゴ・・・・

 

とかなってそうです・・・

信長が登場します。

信繁は思わずその雰囲気に飲み込まれ、さすがの昌幸もその気配に

たじろぎます。

圧倒的・・・圧倒的・・・魔王・・・

信長は昌幸を見つめただ一言。

『よき面構えじゃ・・・』

以上・・・退出・・・

どうやら許されたようです。

しかし、その後滝川一益との協議で、真田領の沼田と岩櫃は召し上げられます。

信長の圧倒的権力の前にその条件をのむ昌幸。

まあ、滅ぼされなかったのでよしとするしかありません。

その後信繁は三十郎と信長との対面について感想をもらし、

それについて話あっていました。

そのとき、奥のほうから信長の怒鳴り声。

なにかと思えば明智光秀が信長に猛烈に蹴られています。

血とあざを顔に作る光秀。

信長『貴様がなにをしたというのだ!!!』

 

これだけではわからないので解説。

よくある話としては、信長や家康、その家臣たちが武田を滅ぼした

ことを富士山を見物しながら祝っている最中、光秀がほかの家臣と

下のような会話をします。

家臣A『ほんとに武田家には難儀させられましたが、

この富士の美しさを見るためだったのかもしれませんな』

光秀『左様。われらも苦労した甲斐があったというもの。』

このような会話が信長の耳に入ります。

そこで信長は先のように激怒。

実際武田攻めでは光秀は後方担当だったので、さして手柄を立てていません。

それが癪にさわったのかもしれません。

とにかく、この折檻で光秀は信長に恨みを持ったと言います。

ちなみに家康はビビッて家臣の後ろに隠れていますww

松の人質。そして本能寺の変

さて、無事役目を果たし真田の郷にもどった昌幸たち。

安土に人質を出すので、昌幸は母・とりをだそうとしますが、

信繁が姉の松を人質に出すよう提案。

松なら密偵の役目もこなせるなど苦しい言い訳をしていますが

狙いは小山田茂誠を松の付き人として同行させほとぼりを冷ますこと。

こうして、松は人質として安土に入ります。

着いたのは6月1日。

そう1582年6月1日です。

タイミング良すぎ・・・いや悪すぎでしょう。

お約束のように本能寺の変が起こり、次回への混乱を予兆させながら4話は終了。

お疲れ様でした。

第4話の視聴率

17.8%と前回から0.5%減少。

下落に歯止めはかかるのか?

NEXT 真田丸第5話-窮地-感想

感想一覧 真田丸全話感想と視聴率まとめ

ソーシャル

お知らせ

「当サイト」はamazon.co.jpを宣言しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエト宣言プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

                      

      2016/03/08